白髪対策情報局:トップ > 白髪染め
白髪染めは最も手軽な白髪対策かもしれません。普通の黒髪用ヘアダイとは成分がことなっています。
髪を染めるとかゆくなる方へ髪に優しい白髪染め
利尻ヘアカラートリートメント

白髪染め

ヘアカラーリング剤のなかでもしっかり染まって、

色落ちしにくいのがヘアカラー (永久染毛剤) です。

同じヘアカラーでも白髪染めとおしゃれ染め (黒髪用ヘアカラー) では

色の作り方が異なるため、基本的におしゃれ染め (黒髪用ヘアカラー) で

白髪をきれいに染めることはできません。

一方、白髪染めは白髪を目立たなくするもので、

白髪だけではなく黒髪もほぼ同じ色に染めることができます。

最近では明るい色から落ち着いた色までバリエーションも豊富になり、

白髪が少し目立ちはじめたという若い方もおしゃれ染め (黒髪用ヘアカラー) と

同じ感覚で白髪染めを使えるようになりました。

 

白髪染めにはクリーム状や液状、泡状のものまでありますが、

どれを使えばいいのか分からなくなるほど、さまざまなタイプがそろう白髪染め。

部分染めか全体染めか、しっかり染めるか手軽さ重視か、

目的によって上手に使い分けるのが正解です。

それぞれのタイプの特徴とオススメの使い方をご紹介します。

 

1.白髪染めヘアカラークリームタイプ

クリームタイプの特徴とオススメの使い方をご紹介します。

クリームタイプの白髪染めは、部分染めに最適。

生え際の白髪や部分的な白髪が気になる方にオススメです。

もちろん必要な量を使うことで全体を染めることも。

また、全体染めに適した白髪染めと併用すれば、髪への負担を抑えながら、

お気に入りのカラーリングをキープすることができます。

 

2.白髪染めヘアカラー乳液・液状ジェルタイプ

乳液・液状ジェルタイプの特徴とオススメの使い方をご紹介します。

乳液・液状ジェルタイプの白髪染めは、髪全体にのばしやすいので

スピーディーに塗ることができます。

全体的に白髪のある方や隠れた白髪までムラなく染めたい方にオススメです。

また、使い切りなので部分染めに適した白髪染めと併用すれば、

髪への負担を抑えながら、お気に入りのカラーリングをキープすることができます。

 

3.白髪染めヘアカラー泡タイプ・フォームタイプ

泡タイプ・フォームタイプの特徴とオススメの使い方をご紹介します。

泡タイプ、別名フォームタイプの白髪染めは、何と言ってもスタイリング剤感覚で塗りやすい、

その手軽さが魅力です。小分けができるタイプとできないタイプがあり

目的に合わせて選ぶことができます。

 

4.白髪染めヘアカラー粉末タイプ

粉末タイプの特徴とオススメの使い方をご紹介します。

粉末タイプの白髪染めは、水に溶くだけで簡単に使えます。

アンモニア無配合でツンとしたニオイがありません。

部分染めも全体染めもOKだから、シーンを選ばず経済的です。

他のタイプに先立って登場したため、ロングセラー製品が多いのも特徴です。

 

5.白髪染めヘアマニキュア泡タイプ・フォームタイプ

泡タイプ・フォームタイプのヘアマニキュアの特徴と使い方をご紹介します。

髪を表面から染める白髪染めヘアマニキュアは、ヘアカラーほどの持続性はありませんが、

刺激が少なく皮膚のアレルギーを調べるパッチテストも不要です。

なかでも泡タイプ・フォームタイプの白髪染めはスタイリング剤感覚で塗れるので手軽です。

CMや新聞でも話題沸騰!髪を傷めず白髪染めできる利尻ヘアカラートリートメントはこちら。

利尻ヘアカラートリートメント
IT用語