白髪対策情報局:トップ > 白髪 メカニズム
白髪の原因など、その発生メカニズムは以前は謎が多かったようです。しかし最近では白髪発生のメカニズムは解明されつつあります。
髪を染めるとかゆくなる方へ髪に優しい白髪染め
利尻ヘアカラートリートメント

白髪 メカニズム

   

毛母細胞そのものがつくり出す毛髪は、もともとは白髪です。

それを黒く見せているのは、色素細胞がつくり出すメラニン色素のはたらきです。

白髪ができるのは、色素細胞(メラノサイト)のはたらきが、

何らかの原因で弱まったり消失したりして、

髪を黒くするメラニン色素が作れなかったためと考えられます。

 

では色素細胞(メラノサイト)は毛髪の成長でどうなるのか。

毛髪は生えたらずっと伸び続けるものではない。きちんと寿命があります。

この寿命は、男性で3~5年、女性の場合は4~6年と言われています。

頭皮には、日本人の場合、10~15万本の毛髪が生えているといわれているので、

1日に約50本程度の抜け毛は、髪の寿命による自然な脱毛とされています。

 

問題となるのは、この脱毛の際に、色素細胞(メラノサイト)までもが毛髪と共に失われること。

健康な頭皮内であれば、こうして色素細胞(メラノサイト)が激減しても、

次の毛髪が生えるときに再配置され、メラニン色素がつくられます。

しかし、何らかの原因で再配置が起こらないと、白髪となってしまうわけです。

つまり、白髪にとって最も重要なのは、毛髪の生え変わりの時期ということができます。

 

色素細胞(メラノサイト)を活性化し、

新しい髪のために再配置をスムーズに行わせる必要があるのです。

自然な脱毛の後に、色素細胞(メラノサイト)がスムーズに再配置されない原因とは何でしょう。

現在のところ考えられているのは、次の5種類である。

 

1.遺伝

男性型脱毛症にも共通する原因のひとつ。だが、どの程度、関連があるかは解明されていない。

 

2.加齢

体の老化によって、当然、色素細胞(メラノサイト)も弱ってくるため。

 

3.生活環境

気温などの外的なものはもちろん、食生活や頭皮のケアの状態によっても大きく左右されます。

 

4.病気

慢性の胃腸疾患やマラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気があると、

急に白髪が増えることがあります。

また、尋常性白斑ができるとその部分が白髪になったり、

円形脱毛症が治るときに白髪になるケースも。

これらは、病気が完治すると、元の黒髪に戻る場合もあります。

 

5.ストレス

誰もが納得することですが、、毛髪とストレスの関係は非常に深いのです。

「苦労すると白髪が増える」といわれるのも、ウソではありません

毛髪は毛先ではなく、毛根から伸びていきます。

そして毛髪の色は、頭皮の外へ出たときには、すでに決まっており、

出てから色が変わることは今のところ考えられません。

 

これらの原因が、ひとつ、あるいは複数重なって白髪が進行すると考えられているのです。

ここで、遺伝や加齢による白髪だからといって諦めてはいけません。

適切なケアや健やかな生活習慣によって、

ある程度は発生を遅らせたり、減らすことはできるからです。

 

 

CMや新聞でも話題沸騰!髪を傷めず白髪染めできる利尻ヘアカラートリートメントはこちら。

利尻ヘアカラートリートメント
IT用語